溢れている残業代請求の知識

事業場外みなし労働時間制における残業代の使い

事業場外みなし労働時間制は、従業員が出張や出向などで長期間社内において仕事を行っていない場合、その勤務時間を厳密に管理することができないため一定の基準を設けその時間勤務したことにみなして残業代等を計算するという方法です。
この場合には残業代はあらかじめ本人と会社との間で契約された分を支払うことになるため、実際の労働時間とは異なることがあります。
事業場外みなし労働時間制の導入の背景には、何らかの事情で社外で業務を行わなければいけない場合に、社内の人間がその社員の勤怠管理を正確にできない場合に、この制度を利用し効率的に勤務を行うと言う方法です。

通常社外で勤務をした場合、出退勤管理を行うためにいちど帰社しなければならないのですが、業務を行っている場所と会社の場所が離れている場合などは、帰社している時間がもったいないと言うことになるため、長期間社外で業務を行う場合などはこの事業場外みなし労働時間制を利用している会社が多いのです。
事業場外みなし労働時間制における残業代については本人と会社との間であらかじめその内容について協議し、別途契約を交わして成立することになります。

そのため、実際の労働時間があらかじめ設定したみなし残業時間と異なってしまった場合であっても、基本的には別途実際の残業代を請求することはできません。
そのため、事業場外みなし労働時間制を用いる場合にあたっては、実際の業務内容や想定される残業時間を考慮し、契約することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です