溢れている残業代請求の知識

歩合給制でも残業代は請求できる

歩合給制とは、製造量や売り上げなどの仕事の出来高によって、支払われる賃金が変わるという制度のことです。

なので、歩合給制には残業代が無いというイメージを持っている人も多いと思われますが、それは誤った認識だと言えるでしょう。

歩合給制は、通常の、時間に対して賃金が支払われる場合とは計算方法が違うというのは確かです。しかし、時間外労働などを行えば、通常の場合と同じように残業代や割り増し賃金の支払いが必要になります。

ですので、歩合であれば残業とみなされないという認識は誤りであり、もし時間外労働をしているのにその分の賃金が支払われないという状況にあるのであれば、労働者は、使用者に対して残業代などを請求することが可能です。

ただし、使用者の中には、もともと歩合給の中に残業した分の賃金が含まれているという主張をする場合があるため注意が必要です。

それは固定残業代制と呼ばれるものであり、基本的な仕組みは先に述べた通りですが、この制度が採用されている場合でも、予定されている残業時間を超過した労働を行った場合は、その分の賃金を支払う必要があります。

それに、この固定残業代制の採用にあたっては、いくつかの要件を満たす必要があるため、その要件が満たされていない場合は無効となります。さらにこの制度は、そもそも労働契約において合意されているか、または就業規則で周知されている必要があるため、そのことがしっかりとなされていない場合も無効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です