溢れている残業代請求の知識

歩合給制でも残業代が出る理由

歩合給制でも残業代はでます。これは、歩合給制というものの考え方によります。

よく歩合給制というと、成果に対してある割合で報酬が出るシステムだということのように考えられますが、
これは法定労働時間内について定められていることであって、法定時間を超えて労働をした場合の賃金についてはこの範囲を超えていることから、残業代のようなものや休日出勤、などの賃金は別途支給される必要があるわけです。

ですから、残業代というのは歩合給制でも出るということになるわけです。ここで大切なことは法定時間を超えて労働をした場合の賃金だというところにあります。

法定時間内であれば歩合給制の範囲ということになりますから、特に別途報酬が支払われることにはならないということです。歩合給は成果報酬式と考えられがちですが、何を持って成果というのか判断が難しい仕事が世の中には多くあります。

そのため、雇用主はかなりの安全率を持って雇用をしているという実態があります。つまり、出来るだけ報酬を払わないようにするという傾向があるということです。

基本的に固定給ではなく、歩合給を採用するのも出来るだけ報酬を払わなくするための一つの方法だと考えてもいいでしょう。成果があいまいなものに対して、成果報酬式を採用すれば、成果が出てないことを理由にして報酬を安く出来るシステムだからです。

こうした働く側にとって不利な条件を少しでも改善できるようにこのシステムは考えられているといってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です