溢れている残業代請求の知識

歩合給制の場合、残業代の扱いはどうなるのか

通常、一般的な月給制の場合、仕事の内容、成果に関わらず給与の額と言うのは一定額に定められています。

これに対して歩合給制は業績や成果に応じて給与額が変わってくる給与制度のことです。出来高制と呼ばれることもあり、この言葉だと理解しやすいかと思われます。

たとえばお店を任されている人であれば、お店の売り上げに対して何パーセントの額が給与になるとか、営業職に就いている人であれば、営業成功件数に応じて給与額が変動してくると言った具合です。

歩合給制のメリットとしては、その人の成果がそのまま給与につながるのでわかりやすい、また仕事に対してのモチベーションにつながりやすいと言う点が挙げられます。

歩合給制においては最も重視されるのは成果です。つまり極端な言い方をすれば、たとえ1日の労働時間が短くても、じゅうぶんな成果を上げていれば給与は確保できると言えます。

そのため時間外労働やそれに伴う残業代の支払いと言う概念が、歩合給制の場合には薄いことも多いです。しかしこの考えは正しくなく、たとえこの制度であったとしても残業が発生した場合には残業代は支払われて然るべきです。

ただ歩合給制の中には、あらかじめ残業代を固定している場合もあります。この場合、残業を行ったとしても残業代は既に固定されているのだからと言う反論を、事業所側が行うことが考えられます。
ただこの反論に関しては、固定されている残業代から想定される残業時間が何時間なのかが明確にされていることが必要で、それを超えた場合にはその分の賃金が支払われなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です