溢れている残業代請求の知識

歩合給制における残業代の扱いについて

歩合給制は働いた時間ではなく売り上げや業務の報酬に応じて給料の金額が決まると言う制度のため、残業代は発生しないと考えられているものです。

そのため、時間外労働や徹夜などを行ってもその対価は支払われないと考えている人が少なくありませんが、
実際にはこの場合でも残業代が請求できる場合があります。

歩合給制は給料が成功報酬として支払われるイメージがありますが、厳密には労働基準法に基づき様々な規定があります。

その1つが歩合の内訳に対する規定で、
原則としてその金額は基本的な最低賃金の残業時間の対価に対してこれを上回る必要があると定められているため、
万が一成果が全く上がらないからといって全く歩合給が支払われないと言う事はなく、時間外労働や徹夜をした場合にはこの部分の最低の残業代は支払われなければならないことになっているためです。

そのため、歩合給制だからといって成果が上がらない場合に全く残業代が支払われない場合は、最低の賃金に換算して残業を行った時間帯の残業代については正当に請求することができます。

この請求を受けた場合には会社側その請求に従って本人に対して支払うべき義務を持っているのです。

さらに、歩合給制として契約された内容以外の業務を行い、この業務のために残業が発生した場合においても、業務外だからといって給料が支払われないと言う事は認められません。そのためこの部分についても相応の対価を会社に対して請求することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です