溢れている残業代請求の知識

歩合給制の場合の残業代

歩合給制の場合の残業代というのは若干複雑になります。ただ、重要なこととして、歩合給制だから残業代はないというのは間違いです。

法定労働時間である1日8時間、1週40時間を超えて働いた部分は時間外労働になることに変わりはありません。

ただ、歩合給制の場合は一般の労働者のように時間外労働に対して時間給の125%を支給する必要はなく、単に25%の割増部分だけでよいことと、そもそも時間給の算出方法が少し異なります。

具体例を挙げながら説明しましょう。例えばある歩合給制の人がある月に、法定労働時間である160時間を超えて合計180時間勤務したとしましょう。そして、その人の月給が例えば27万円であったとします。

この場合、この人の時間給はどのように算出すればよいでしょうか。一般の労働者の場合は当然ながら27万を160で割ったものが時間給です。ですが歩合の場合は異なります。27万を稼ぐのに180時間使ったと考えるのです。

ですから、この例の場合は時間給1500円です。そして、1500円の25%、つまり375円が時間外割増部分となり、これに時間外労働である20時間を掛け算して7500円が歩合の場合の残業代となります。

ここでも、一般の労働者の場合は時間給の125%が残業代となるわけですが、歩合給制の場合は基本給部分は既に支払われていると考えますから、単に時間外割増部分のみが支給されることになるわけです。

結果としてこの人の月給は27万7500円になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です