溢れている残業代請求の知識

年俸制には残業代が含まれています

年俸制は前年度の仕事に対する貢献度評価し1年間の報酬を決める方法として企業の重役や重要な立場にいる人に採用されている契約制度です。

一般的に1年単位で契約されることが多く、また仕事の成果を評価の基準としているため残業代は含まれていないと考えている人が少なくありません。

しかし、法律上は会社と雇用契約にある以上残業を指示した場合にはこれに対する対価を支払わなければならないことが決められており、事実上年俸の中にはあらかじめ想定された残業時間に相当する残業代を含んでいることが多いのです。

法律においては会社と従業員の雇用契約を結ぶ場合、会社に対する関わり方に応じてその賃金に対する基準が定められています。雇用契約にある場合には基本的に労働時間に応じた賃金を支払わなければならず、固定残業制などで賃金の金額を固定した場合においても実際の残業時間に対する賃金を含んでいなければならないことになっており、これが不足している場合には追加で手当てを支払わなければならないことが定められています。

最近では年俸制を一般の従業員にも適用する企業が増えていますが、この場合には賃金の額が小さいために残業時間に換算した場合の金額が満たないことが少なくありません。

年俸制であってもその中身には実際に勤務した残業時間に相当する残業代が含まれていないと法律違反となってしまうため、年俸制であっても過剰の残業を賃金を支払わずに行わせる事は法律違反となってしまい、不足する分については支払わなければいけないことになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です