溢れている残業代請求の知識

管理監督者と残業代について

管理監督者については、基本的には残業代は支払われません。

これは法律にそのように書いてあるからで、管理監督者には残業代は支給しなくても良いとなっているのです。もちろん会社の自主的な判断で管理監督者にも残業代を支給するのは自由なのですが、普通に考えて支払わなくてもよいお金を支払う会社はないでしょう。

ですが、ここで問題になるのは、ではどういう人が管理監督者なのかということです。これは全く文字通りの意味です。管理とか監督の仕事をしている人ということで、一般には管理職と呼ばれるような人、課長以上の地位にある人になります。ですが、ここで役職名が問題なのではなく、実態を伴っていなければなりません。

会社が全くの自由裁量によって、この人は管理職としますから残業代は支払いませんというのは通用しないという意味です。これがまかり通るのであれば、新入社員であってもパートやアルバイトであっても全員を管理職としていくらでも残業させることができるようになってしまいます。そういうことは許されません。

まず、経営者と一体的な立場にあり、経営者から人の管理や監督、指揮や命令についてそれなりの権限を委ねられている必要があります。次に、自分の労働時間について自分の裁量で決められることが必要です。そして、実際にその地位にふさわしい待遇を受けている必要があります。これらの条件が一つでも当てはまらない場合はここでいう管理監督者には当てはまりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です