溢れている残業代請求の知識

未払い残業代を請求するには

企業で働いているものの、働いた分の残業代をきちんともらえていないと感じている人も、実は少なくないのでしょうか。

未払い残業代がもらえていないパターンには2通り考えられます。1つ目は、雇用上の契約であらかじめ残業時間が決められていて、実際にはそれ以上残業しているものの、決められた時間の金額しかもらえないパターンです。

企業が想定した残業時間を実際の残業時間が上回っている場合、本来もらえていた残業代を請求することができますが、悪質な企業の中には、前提となる残業時間をわざと短い時間に定めて、意図的に残業代を減らそうというケースが見られます。2つ目は、残業をしていること自体を無いものとさせられているパターンです。

出退勤があいまいな会社にありがちですが、悪質な場合だと、タイムカードで出退勤を管理しているのに、タイムカードを押させたあとに残業をさせているケースが挙げられます。未払い残業代を請求するには、自分が残業をしていたという確固たる証拠が必要です。タイムカードや、出退勤の際に毎日写真を撮る、日記をつけるなどの方法で、こつこつとデータを積み重ねていくことが大切です。

データの数が少ないと、たまたまそういう日があっただけだと見なされてしまうからです。未払い残業代の請求は、客観的なデータを充分に積み重ねた上で行うのが鉄則です。同じ志を持った同僚と協力して証拠を集め、同時に訴えるのも企業側には効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です