溢れている残業代請求の知識

未払い残業代を請求するには

時間労働があった場合は残業代を支払う事は法律で定められた雇用主の義務です。

そのため未払い残業代があれば労働者は雇用主に対して請求する権利があります。残業代の請求は2年まで遡って請求する事ができますが、それ以上前のものに関しては証拠などがしっかり揃っていても請求できません。

そのため未払い残業代を請求する場合は少しでも早い段階で請求をした方が多くの未払い残業代を取り返す事ができます。請求をする場合は必ずしも弁護士や司法書士に代理人になってもらって行う必要はありませんが、法的な手続きや雇用主との交渉をするのに専門家のサポートがあった方が上手く進める事ができます。

特に裁判までいった場合は素人だけで対処するのは非常に難しくなるので、専門家に相談した方が良いです。また請求する時に必要な資料の整理も素人では時間がかかってその間にも請求できる額が減ってしまうので慣れている専門家に依頼するメリットは大きいです。

専門家に依頼をする時に司法書士の方が費用が安いですが、司法書士は140万円までの案件しか扱えない上に簡易裁判所での代理権しか認められていないので請求が高額になる場合は弁護士に相談にいくべきです。後になって残業があった証拠を一から集めるのは大変な作業になるので、依頼する前からできる限りで良いので集めておくと請求を円滑に行う事ができます。

証拠として有効な物はタイムカードの記録やメールの記録などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です