溢れている残業代請求の知識

事業場外みなし労働時間制と残業代

事業場外みなし労働時間制というのは、事業場の外で仕事をするのが普通であって、上司である管理職がその人の労働時間を管理したり把握したりするのが困難であるために、実際に働いた時間とは関係なく、予め取り決めた一定の時間だけ働いたこととみなすという制度のことです。

この制度のもとでは残業をしても残業代が出ることはありません。最も多い例としては、外回りの営業担当者が挙げられます。営業担当者は、準備や報告のために事業場内で仕事をすることもあるでしょうが、労働の多くは事業場の外で、得意先回りをしたり新規顧客の開拓をしたりしていることでしょう。

そしていつ、どれくらいの時間をかけてどこを回るかというのはいちいち上司の指示や命令を受けず、基本的に自分の判断で行っているはずです。こういう営業担当者には事業場外みなし労働時間制が導入されていることがあります。

この場合、予め取り決められた1日のみなし労働時間が例えば8時間なのであれば、実際の労働時間が9時間であっても10時間であっても、8時間だけ働いたものとみなされてしまうのです。つまり、8時間を超えて仕事をした部分の残業代というのは請求しても支払われませんし、残業代が出ないのはブラック企業でも何でもありません。

法律上認められた制度なのです。ただし、事業場外みなし労働時間制のもとでは、たとえある日に働いた時間が実際には8時間に満たず7時間とか6時間であっても早退扱いではなく、8時間分の給料が支払われます。

事業場外みなし労働時間制の残業代についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です